メッキ加工された金属

業務案内

ドット

マテリアル紹介

四角

銅・ニッケル・クローム

材質:亜鉛D.C、鉄、シンチュー

作業方法:全自材質:亜鉛D.C、鉄、シンチュー動ラック

槽の大きさ:長さ3,000mm、幅700mm、深さ1,100mm

 

このラインは、亜鉛ダイカスト、鉄、シンチュー等への銅、ニッケル、クロームメッキの専用ラインで、主に建築金物関係のレバーハンドル類や自動車部品関係にメッキを行っております。

【備考】最近ニッケルメッキ上にカラー電着を付ける製品が非常に増加しております。

亜鉛ダイカスト、鉄、シンチュー等への銅、ニッケル、クロームメッキ専用ライン
四角

ニッケル・クローム

材質:ステンレス、SUS304

作業方法:全自動ラック

槽の大きさ:長さ3,000mm、幅700mm、深さ1,100mm

このラインは、ステンレス素地上にウッドNi浴を行い、その上からダブルニッケルメッキを付けた後にクロームメッキ、または、電着塗装工程に移行致します。 主に建築金物関係(小判座、丸座、他)、バイク部品等にメッキを行っております。

【備考】電着塗装関係内容は、電着塗装部門をクリックしてください。​

ニッケル化工
四角

パールニッケル

材質:亜鉛D.C、アルミ、その他

作業方法:手動ラック

槽の大きさ:長さ1,000mm、幅600mm、深さ1,100mm

 

このラインは、各金属素地上に下地メッキ(ニッケルメッキ)を行い、その後にパールニッケルを施し、最後に電着クリヤーを行います。外観的には非常に高級感溢れるパールのような光沢のある色彩を帯びた外観をしています。主に建築金物関係のドア、ハンドル等にメッキを行っております。

【備考】パールメッキ後クリヤーorクローム。​

パールニッケルを施したドアハンドル
四角

パール金

材質:亜鉛D.C、シンチュー他

作業方法:手動+半自動

槽の大きさ:長さ1,000mm、幅600mm、深さ1,100mm

 

このラインは、各種金属に下地メッキ(Niメッキ)を行い、手動にてパールニッケルを付け、その後に金メッキ(0.03~0.1μ)を施し、最後に電着塗装クリヤーを付けます。外観的には、パールニッケル同様、非常に高級感のある金色の光沢有るパール色をしています。主に建築金物関係(住宅内装部品等)にメッキを行っております。

【備考】メッキ後クリア ※注)アルミダイカスト品は、金メッキ出来ません。

​      

パール金を施したドアノブ
四角

金メッキ

材質:亜鉛D.C、シンチュー他

作業方法:半自動ラック

槽の大きさ:長さ700mm、幅700mm、深さ1,100mm

 

このラインは、金メッキ独自、電着塗装ラインに汲みこんであり、下地メッキ(Niメッキ)後電着ラインに移行し、金メッキ(0.03~0.1μ)を付け、電着クリア塗装を行います。

【備考】メッキ後クリア ※注)当社の金メッキ浴はアルカリ系の為、アルミダイカスト及びアルミ素地等アルカリ性に弱い金属に対しましては品質の保証が出来ない為、お断りさせて頂いております。​      

金メッキを施したハンドル
四角

サチライトニッケル

材質:亜鉛ダイカスト、シンチュー他

作業方法:全自動ラック

槽の大きさ:長さ3,000mm、幅700mm、深さ1,100mm

 

このラインは、各種金属に下地メッキ(Niメッキ)を行い、自動機にてサチライトNiを施し、クロームメッキ、または、電着塗装へ移行します。特にサチライトニッケル後に、電着塗装(クリヤー、ゴールド青金等)を施す製品が徐々に増え、お取引様から大変好評頂いております。

【備考】サチライトニッケル後クローム

サチライトニッケル
四角

黒色三価クローム

現在は加工しておりません。

このトワイライトメッキは、クロームメッキの一種です。 普通クロームは、6価クロームでメッキを付けますが、トワイライトメッキは3価クロームメッキでメッキを付けるため、排水処理や作業環境に問題はありません。 また、耐蝕性も普通クロームとほぼ同様で、自動車の内装部品や住宅関係のレバーハンドルなど様々な用途に使用されており、すばらしいつきまとわりと魅力的な光沢のある黒っぽい色調のクロームメッキです。

トワイライトメッキを施した自動車部品
四角

トリニッケル

材質:アルミD.C、押出等

作業方法:全自動ラック

槽の大きさ:長さ1,500mm、幅600mm、深さ1,200mm

 

このアルミメッキラインは、当社の誇りのひとつであり、全長30mの全自動アルミダイカストメッキラインを採用しているため、住宅関係のレバーハンドルですと1日当たり約10,000本の処理能力があります。メッキ工程は3重ニッケルメッキ(トリニッケル)を施しますので、耐蝕性も優れています。その後、工程にクロームメッキ、カラー電着塗装などの様々な処理が施せます。

【備考】ニッケルメッキ後クローム他

トリニッケルを施したドアレバー
四角

アニオン電着塗装

材質:各種金属鍍金上、SUS

作業方法:全自動メッキ

 

このラインは、アニオン系電着塗装ラインで、塗膜はアクリルを使用しています。耐候性(クリヤー)は非常に良く、静電塗装の硬度Hに対し、電着塗装の硬度4H程度まで出すことが可能です。外観的には静電、粉体塗装等とは異なった色彩を帯びた独特の金属的光沢がある塗装で、特に住宅関係の内装部品に多く採用されております。

アニオン電着塗装を施した住宅内装部品
四角

研磨

材質:各種金属

作業方法:バレル研磨、手研磨

 

この工場は、研磨レース5台、ベルター3台、バレル機1台など研磨作業に必要な道具・設備はすべて揃っておりますので、大きな物から小さな物、量産品から試作品まで同社内にて即対応可能です。

研磨ならお任せください
四角

ショットブラスト

材質:亜鉛D.C、アルミD.C等

作業方法:テーブル式、回転式

 

この部門は、各金属素地上に鉄粉を吹き付け、つや消し、バリ取り等の目的で使用します。当社は自動ターンテーブル方式1台、回転式ドラム1台ござますので、様々なご要望に対応可能です。

ボール盤で面取り作業
四角

メッキ剥離

材質:鉄、アルミ、SUS等

作業方法:手作業

 

メッキ剥離は、素材・メッキの種類によって剥離方法が異なります。他社にて実施した、メッキ加工処理でもメッキ剥離に対応しております。

【剥離対応可能皮膜】

硬質クロムメッキ・ニッケルメッキ・装飾クロムメッキ・亜鉛メッキ・無電解ニッケルメッキ各種・黒染処理・パーカー処理・リューブライト処理・アルマイト処理・着色アルマイト処理・硬質アルマイト処理

様々なメッキ剥離にも対応